薬剤師として顎ニキビの治し方を真剣に考えてみた。

美容

皮膚科の近所の薬局で働き始めて、30代女性でニキビに悩んでいる人ってけっこう多いことを知りました。

という私も、35くらいから生理前になると必ず顎ニキビができるようになりました。
生理が終わると自然となくなるので、何の対策もしていなかったのですが、最近顎ニキビの数が3つに増えてしまいました!

跡が残るのも心配なので、この機会に顎ニキビの治し方を真剣に考えてみました。
薬剤師の私が、どんな薬を選択したのか?またニキビ用のスキンケア製品も試してみたので、ご紹介します。

顎ニキビに悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

30代からの顎ニキビの治し方

色々と考えた結果、皮膚科処方薬剤に市販のビタミン剤、スキンケア製品は1週間のトライアルセットを2種類使ってみることにしました。

それぞれ詳しく紹介します。

顎ニキビで処方してもらった薬

とりあえず、病院で処方してもらわないと手に入らない薬があるので、仕方ないので皮膚科を受診してきました。
私は、先生の診断が終わって「〇〇という薬出しときますね」と言われたら、すかさず「〇〇を処方してもらえませんか?」とリクエストします。

薬を事前に調べて、リクエストして、先生の機嫌が悪くなるんじゃ・・・と心配する方もいますが、症状に合っている薬ならリクエストしても大丈夫です。
もしそんなことで機嫌が悪くなる先生なら、病院を変えましょう。
ただし、症状と関係ない薬はもちろんダメです!

今回、私が処方してもらおうと思っていたのは

  1. エピデュオゲルorベピオゲル
  2. 桂枝茯苓丸加ヨクイニン

1に関しては、先生の診察で決めてもらおうと思っていたので、今回は「ベピオゲル」でした。
桂枝茯苓丸加ヨクイニンは、私は美肌の漢方と呼んでいるくらい優秀なのでリクエストしましょう。
その理由は別でご紹介しますね。

とにかく、この2種類+ビーソフテンローション(保湿剤)を処方してもらえば、良いと思います。
今回ビーソフテンローションは手持ちがあったため、処方はなし。

診察料+薬代(1か月分)で2360円でした。

顎ニキビを治すためのスキンケア製品

今回2種類の大人ニキビ用のスキンケア製品の1週間分お試しセットを購入しました。

ルナメアAC

ルナメアAC

アスタリフトで有名な富士フィルムから発売されている「ルナメアAC」の1週間トライアルセット。
1週間分で1080円

クレンジングと洗顔はスッキリ洗いあがるのに、ツッパリ感がなく気に入りましたが、化粧水は水のようで肌が乾燥する・・・30代向けなのか?という感じ。

FANCL アクネケア

FANCLアクネケア

FANCLのニキビラインのお試しセットです。
1か月分ということですが、2週間分くらいしかないような・・・
お値段は1000円でした。

こちらの化粧水も水のようで、ルナメア以上に保湿されない気がしました。
ニキビ用のスキンケアはこういう感じなんでしょうかね。

スキンケア製品はビーソフテンローションで

結局ニキビ用スキンケア製品の化粧水は乾燥するので、ビーソフテンローションを化粧水&乳液として使用することにしました。
ビーソフテンローションは「ヒルドイドローション」の後発品で、病院で処方してもらう必要があります。
本数に制限はありますが、皮膚科を受診するついでに処方してもらいましょう。

ルナメアのクレンジングと洗顔は使用感も良く、お肌の調子が良いので継続して使用することにしました。

顎ニキビを治すためのビタミン剤

ニキビ治療薬、スキンケア製品だけでは不十分と思い、ビタミン剤も追加。
今回購入したのは、以下3つ。

  1. マルチビタミン
  2. ビタミンC+L-システイン
  3. ビタミンB2,B6,B12

2,3だけで良いんじゃないの?とか、1だけで良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、それでは不十分。
マルチビタミンという土台がなければ、ビタミンCやBのお肌への効果は期待できないと私は思います。

それにビタミンBやCは水溶性なので過剰摂取になったとしても、尿として排泄されるので、心配ありません。
それよりも、顎ニキビを治すことが重要!

顎ニキビの治し方まとめ

ざっと説明してしまいましたが、私が顎ニキビを治すために使用するラインナップは

  • ベピオゲル
  • 桂枝茯苓丸加ヨクイニン7.5g/日
  • ビーソフテンローション
  • ルナメアACのクレンジング・洗顔
  • ビタミン剤(マルチ・C・B)

ひとまずこれで決定です。
顎ニキビの経過や途中変更追加したものなどは後日報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました