チマジャサーフトリップ※ガイドの頼み方と料金について

チマジャ

オーストラリアにいた時は、サーフガイドをつけなかったのですが、今回チマジャではサーフガイドをお願いしました。

チマジャに来るのは2回目です。
前回は2017/3に1週間、サーフショップの人達10人くらいで滞在しました。

その時もサーフガイドをお願いして、とてもよかったので今回もお願いしました。

サーフガイドってどんなの?値段は?どうやって頼むの?ということをご紹介します。

サーフガイドの頼み方

  • 直接頼む
  • ホテルにガイドを依頼
  • 現地旅行会社でガイドのみ依頼
  • 海に行くと勝手についてくるガイド

チマジャでガイドをつけている日本人に聞いたところ主にこの4つ。

ちなみに日本人はガイドをつける人が多いけど、外国人はガイドは付けない人が多いらしいです。

ちょっと詳しくご紹介します。

直接頼む

これは、今回私がやった方法。
前回チマジャでガイドしてもらった方に直接Facebookのメッセンジャーでガイドの依頼をしました。

ガイドさんも色々いるので、良いガイドに出会ったら、次回もお願いしたいと思ったら、連絡先を聞いておくと良いです。

ちなみに私がお願いした「パルマン」さんは、日本語、英語が話せるのでおすすめです。

チマジャローカルの中でも圧倒的にサーフィンが上手ですし、なにより謙虚で優しい。
時間もきっちり守るし、チマジャのポイントを熟知しているベテランサーフガイドです。

ぜひFacebookをチェックしてみてください。
チマジャの情報も毎日のようにアップしてくれています。


もし、パルマンさんにガイドをお願いしたい場合は、メッセンジャーで直接連絡してみてください。
ローマ字で打たないといけませんが、日本語でメールOKです。

メッセージを送る際は、「CaoriのHPを見て」と書いてもらうとスムーズだと思います。

Su Parman
Su ParmanさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Su Parmanさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

でも、今回はパルマンさんは他に日本人のガイドをしているので、お友達を紹介してくれました。

「ムヒ」さんです。
この彼もパルマンさん同様とても謙虚で優しく時間厳守なのでおすすめです。

Muhi Suryadi
Muhi SuryadiさんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、Muhi Suryadiさんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。

※ムヒさんについて詳しくはコチラ

ホテルにサーフガイドを頼む

ホテルを予約する時に、サーフガイドのリクエストを出せばOK。

とても簡単です。

現地旅行会社でサーフガイドを依頼

ネットで「チマジャ サーフガイド」で検索するといくつか日本語のサイトでサーフガイドや空港送迎を手配してくれる会社があるので、日本語で頼むだけなので簡単。

ですが、直接頼むより高いです。

勝手についてくるガイド

私がホテルに到着した時に、海行く?どこ入る?など話しかけてくる人がいました。

ガイドと一緒にいた日本人に、ガイドの依頼方法を聞いたところ、その人達はガイドなしで来たけど、いつもガイドらしきローカルが1人くっついてきて、いつの間にかガイドになったとのことです。

初めは「Tシャツ」とか売ってきたらしいのですが、「帰りにチップ払うから大丈夫」といったら、物は売ってこなくなったそうです。

ポイントも教えてくれるし、波にのせてくれるからガイドも便利だよね~とその人達は言っていました。

確かにガイドっぽい人は海にもホテルにもいるので、誰でも良いなら予約しなくても良いと思います。

チマジャのサーフガイド料金

直接頼む場合や勝手についてくるガイドは、交渉次第になるかと思います。

旅行会社で頼む場合の一例

3000円/日(4名~)
※1名の場合は5000円/日

移動の場合は、車5000円~/日

ちなみに、私は今回1人で行ったのですが、ガイド料は3000円/日、移動に関してバイクの後ろに乗せてもらったので、かかったガソリン代だけでOKでした。

人数が少ない場合、どうしてもガイド代が割り増しになるので、パルマンさんは本当に良心的なお値段でした。

サーフガイドは頼むべきか頼まなくても良いか?

欧米人は半数以上がガイドなし。
日本人はガイドをつける人が多いらしいです。

私はガイドさんをつけた方が良いなと思っています。
その理由は

  • レベルに合った場所に連れて行ってくれる
  • 波に乗せてもらえる
  • 困ったことがあればすぐ相談できる

この3つです。

3月に行った時は、それほどサイズがなく毎日チマジャポイントで入っていたので、移動する必要はありませんでした。

しかし、 今回、6月のハイシーズンにチマジャに行ったので、毎日波が大きく毎日移動していました。

でもガイドさんがいれば、メインがクローズの場合、波の小さいところやメローなところに連れて行ってもらえます。
メイン以外にもたくさんのポイントがチマジャにはあります。

自分たちで調べて行っても良いですが、潮の時間なども考慮しないとなかなか良いタイミングで入るのは難しいと思います。

2つ目は、波に乗せてもらえる。

これはガイド料に入っている感じですね。
ローカルの人もガイドさんがついていると波を譲ってくれることが多いです。

チマジャのポイントブレイクは、波待ちやテイクオフする場所が重要。
ガイドなしで入っている人は、波待ちの場所から間違っていて、全く乗れていませんでした。

3つ目は、困ったことがあればすぐに相談できることです。

今回、私は滞在中にホテルを変更しました。(虫が出たので・・・)
その時も新しいホテルの手配や荷物の移動まで、ガイドさんが手伝ってくれました。
なかなかこんな事はないかもしれませんが、知らない国で相談できる人が1人いるのはとても心強いです。


限られた時間の中のサーフトリップなので、時間を有意義に使うためにもサーフガイドは付けた方が良いのではないかな、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました