マーガレットリバーでCT観戦①会場の行き方や駐車場

オーストラリア観光
rhdr

この旅の目的であるマーガレットリバーでのCT観戦について書きたいと思います。
2019/5/29~6/9(実際は6/4に終了)
今回は場所と駐車場などに関して書きます。

マーガレットリバーでのCTの会場はどこ?

パースから南に3時間半、マーガレットリバーの町の中心部から15分くらいのところにある「サーファーズポイント」という場所がメイン会場です。

CT期間中は、ポイント前の駐車場にはステージやカフェ、グッツ販売などのお店、選手控室、VIP専用観覧席などが建つので使用できません。

サーファーズポイントには、中央がメインブレイク、左が 右がボックスと3か所あり、今回は1日だけボックスで行いましたが、他は全てメインブレイクで行われました。

マーガレットリバー
マーガレットリバー

会場の変更や、何日まででCTが終わる、明日やるかやらないかなどは、WSLのサイトかWSLのインスタに動画でアップされます。

昨年はシャークアタックで中断したり、一昨年はノースポイントというここから車で20分ほどのポイントに移動になったこともあるので、毎日WSLのサイトはチェックしましょう。

WSL公式サイトはコチラ

当日の駐車場は?渋滞するの?

当日はサーファーズポイントの駐車場は使えないので、近くにある公園が臨時駐車場になります。(無料)
早朝から、サーファーズポイントに向かう途中で、警備員さんに全員停められます「I wanna watch the surfing contest」と言うと駐車場に誘導してくれるので迷うことはないと思います。
※選手や関係者などパスがあればはサーファーズポイントに案内されます。

私は英語力がないので、何故かはよくわかりませんが、「CT」といっても誰にも通じませんでした。
surfing contest だけ言っても大丈夫だと思います。

混雑に関しては、土日祝日は昼頃はマーガレットリバーの町から大渋滞しています。
私は朝7時くらいに毎日行ったので、空いてました。
また、会場近くの臨時駐車場もいっぱいになるので、車で10分くらい離れた場所に駐車し、シャトルバスに乗って会場入り、になります。

土日祝日以外はさほど混雑はありませんでした。

マーガレットリバーCT観戦の服装や食べ物は?

CT観戦の服装の注意点や食べ物が売っているかどうかなどご紹介します。

CT観戦時の服装について

今回は5月末~ということで、ちょっと寒いかな~と思ってはいましたが、朝はダウン必須です!
今回、終始風も強かったということもあるのですが、朝は本当に寒いです。
私はダウンがなかったので、上はユニクロの極暖ヒートテック2枚+セーター+ゴアテックス、下はタイツ2枚+Gパン、あったかい飲み物、でなんとか耐えました。

朝9時ころまではダウンが必要です。
もしくは、風が防げるコート。
が、その後太陽が出てくると、気温は急上昇します。
昼頃には、オージーは半袖+サンダルです。
私はヒートテック+セーターですが・・・
夕方も4時くらいには終わるので、朝ほど冷えることはありません。

とにかく朝と昼の気温差が大きいです。
朝から観に行く方は、ダウンを持っていくことをおすすめします。
あと、帽子とサングラス、日焼け止め!
オーストラリアに行くならこの3つは必須ですが、とにかく日差しが強いです。

グッツ販売などが並ぶ屋根のあるところもありますが、残念ながら、選手が見えにくいです。

会場内に食事する場所はある?

会場内には、食べ物のワゴン車が6~7台くらい停まっています。
ハンバーガー、フィッシュ&チップス、水餃子、アイスクリーム、ジュースバー、コーヒーショップ、くらいでした。
しかも朝早くからやっているのは、コーヒーのみ。

もし朝から観戦するのなら、朝食は準備していった方がよいです。
またお菓子や軽食は売っていなかったので、それも持っていくと良いと思います。

値段に関しては、AUD20~30とカフェで食べるより少し高いかなくらい値段です。
でも、私は節約のために、毎日パンかおにぎりを持参していました。
同じように持参して食べている人も多かったです。

水やジュース類、コロナなんかも会場内では売ってます。
会場内にはテーブルとイスが4つくらいありましたが、海が見えない場所にあったので、誰も使用せず・・・
みんな芝生の上で食事していましたよ。

以上がCT準備編です。
実際に行った感想やサイン、写真をお願いできる時間帯なんかについては、②でご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました