チマジャサーフトリップ中の写真の相場は?どうやって頼むの?

チマジャ

サーフトリップに行くと、良い波で想像以上の良いライディングができ、「あ~今のライディングの写真欲しい!」と思う方が多いと思います。

たまたまカメラマンがいれば、「写真あるよ、ホテルどこ?」など聞いてきてくれますが、いない事もあります。
また写真の相場がわからないとちょっと不安になりますよね。

そんな方に向けて、今回はチマジャにサーフトリップに行ったときの写真の頼み方や写真代の相場(2019/12現在)をご紹介します。

スポンサーリンク

チマジャでの写真の頼み方

写真の頼み方は、海にいるカメラマンから声がかかる、ガイド経由で頼むの3種類です。

1、海にいるカメラマンが直接声をかけてくる

チマジャポイントには、オンシーズンだとカメラマンが常に浜辺にいることが多いです。
なので、頼まなくても写真を撮ってくれて、海から上がると声をかけてきてくれます。

たいていは、「いつ帰るの?どこのホテル?」と聞かれ、最終日にホテルまで来てくれることがほとんどです。

実際の写真をチェックして、気に入れば購入、という形になります。
自分のパソコンやUSBがなくても、USBごと売ってくれるので大丈夫です。

ただ、この場合はカメラマンが海にいることが前提なので、いない場合は写真を撮ってもらうことはできません。

また値段交渉などは自分でやらないといけません。
その場合は、下記「写真の相場」を参考にしてみてください。

2、ガイド経由で頼む

チマジャのサーフトリップで、ガイドをつかない方もいるかもしれませんが、私は必ずガイドをつけます。

ポイント間の移動も楽だし、波に乗せてもらえるということもありますが、ガイドをつける理由の1つに「写真」もあります。

ガイドさんがいれば、初めから「写真とってほしいから誰かに頼んでもらえないか?」と相談すれば、ガイドさんが頼んでくれます。

もしポイントを移動しても、写真を撮ってほしければ、ガイドさんがカメラマンに連絡してくれるので、チューブに入ったのに写真がない!なんてことにはなりません。

また、私はライディングのチェックを毎日したいので、ガイドさん経由でカメラマンに、写真ではなく動画を撮って毎日ホテルまで持ってきてもらっていました。

インドネシア語、英語が堪能であれば、自分で交渉もできると思いますが、ポイント移動の交渉などは、やっぱりガイドさん経由が確実で安心だと思います。

チマジャ サーフィン
チマジャ サーフガイド ムヒ
スポンサーリンク

チマジャサーフトリップ写真の相場

私はガイドさん経由で写真を依頼して、値段も安くしてらったので、個人で交渉した場合いくら位なのかはわかりませんが、一応参考までに。

値段は写真屋さん1人当たり300000ルピアでした。

ちなみに写真やビデオは滞在中の分全て(1週間分)です。
連写で撮ってくれたり、ライディング以外も撮ってくれているので、かなりのボリュームになります。
なのに、日本円で2400円 (2019/12現在) くらいなので、激安です!

たまにすごい高い金額をふっかけてくる人もいるようなので要注意。

値段交渉はちょっと苦手なので、サーフガイドさんがいると、こういう時も助かります。

関連:チマジャでおすすめのサーフガイド

ただ、チューブの写真とかお宝級の写真になると少し割高みたいです。(笑)

あと水中カメラマンもいます。
こちらは常時いるわけではないので、撮ってもらいたい場合は、事前に頼むと良いと思います。

水中からの写真は陸から撮るのとは違って、迫力があります。
なかなか撮ってもらえるチャンスはないので、おすすめです。

こんな感じの写真を撮ってくれます。
コチラはサーフガイドのパルマンさん(←Facebookに飛びます)

チマジャ サーフガイド パルマン
チマジャ サーフガイド パルマン

この水中カメラマンは、なかなかいないので、ガイド経由で頼む必要があると思います。

サーフトリップでは、日本ではできないようなライディングができるときがあるので、ぜひ記念に写真を撮ってもらいたい!という時は、ガイド経由で頼むのが確実でオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました